ゴルフレッスン

ツアープロコーチの長谷川哲也による
プライベートゴルフレッスン

詳細はこちら

超簡単!〇〇だけでドローとフェードを打ち分ける方法

グリップ

皆さんこんにちは。
ツアープロコーチの長谷川哲也です。

常日頃、ゴルフのレッスンをしていると初心者の方ほどストレートボールにこだわってるような気がします。

そんなの当たり前ではないかとおっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、ゴルフボールという球体のものを複雑な構造のゴルフクラブで打つ。また様々な状況からショットをしなくてはいけない競技であるということを考えると、物理的にストレートなボールを打つというのは不可能です。

このように、ストレートボールにこだわるというのはゴルフを難しくしてしまうのではないかと私は考えています。

そこでプロゴルファーやトップアマチュアの方がどのような対応をしてるかと言うと、ドローフェード打ち分けてコースを攻めています。

なぜそのような内訳が必要になるかと言うと、球筋を打ち分けることによってそのショットに保険をかけられるからです。

左が OB という状況で、グリーン(ピン)を狙うショットを打つと仮定します。
単純に右を向いてまっすぐその障害物を避けるという方法もあると思いますが、その考え方だと、左の OB を警戒するあまり、右にグリーンを外してしまうということが少なくありません。

プロや上級者はどのように狙っているかと言うと、左の OB をただ逃げるのではなく、警戒しながら(フェード気味のボールを打って)ピンを狙っています。結果的にグリーンをキャッチしたりピンに絡んで行くケースが多くなります。

このような話をすると、初心者の方やまだ100が切れない方は「まっすぐのボールが打てないのにフェードドロー打ち分けのなんて無理」おっしゃるかもしれません。

しかし、よく考えてみてください、両極端のドローとフェード打ち分けを知らずして、その中間にあるストレートボールを打つのは無理ではないかと私は思います。是非ビギナーの方もドローとフェードを打つことにチャレンジしていただきたいと強く願います。

技術的には様々な方法がありますが、今回は誰にでもできるドローとフェードの打ち分け方をアドバイスします。

超簡単です!

グリップを柔らかく握ればドロー
グリップを強く握ればフェード

これだけです。

グリップを柔らかく握ることによって、フェースローテーションが自然としやすくなりドロー系のボールを打つことができます。

またグリップを強く握ることによって、フェースローテーションが小さくなり、フェードを打つことができます。

繰り返しになりますが、これだけです。

今すぐ練習場に行ってこの方法を試してください。
ドローとフェードの打ち分けができるようになるかもしれませんし、そこにストレートボールを打つコツが見つかるかもしれません。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました