距離感が出ない方必見!芯で打つパッティング練習

パッティングで距離が合わないという方は、まず、芯でヒットすることを心がけて練習してみましょう。

距離感は誰しも持っているものです。

紙くずを丸めて、ゴミ箱に投げる。
何も考えずにある程度の精度で投げることができるはずです。
それではなぜパッティングになると距離感が出なくなるのでしょうか。

それは「打ち損じ」があるからです。

紙ぐずををゴミ箱に投げるという動作をする場合、個人差はあっても、投げ損じはありません。

パッティングは打ち損じがあるため、ストロークのスピードや振り幅があっていても、必ずしも距離感が合うということが無いわけです。

芯で打つための練習方法を下記の動画で紹介しています。
練習の参考にしてみてください。

Share

2019年全米女子オープンゴルフ日本最終予選会

今回も選手のコーチ帯同で全米女子オープンゴルフの最終予選会に行ってきました。
場所は大利根カントリークラブです。

選手からは

「グリーンがパンパンに硬くて、早い」

と聞いていたので、ある程度覚悟をして現地入りしました。
とはいっても選手は少し大袈裟に言うところがありますので、「またまた〜」と思っていたのですが、想像をはるかに絶する難易度に頭を悩ませました。

「ボ〜ルが止まりませ〜ん」

距離が長いので、グリーンを狙うクラブがどうしてもながいクラブになってしまうと言うこともあって、ピンをデットに狙っていけるホールはほとんどありませんでした。

しかも午後になったら東から吹き込む強風がさらに難易度を上げました。

どれだけコースコンディションが難しくなっても、みんな同じ条件ですので、その環境でベストを尽くすことを考えなくてはいけません。

綿密なコースマネジメントを立てて、それを実行する技術と精神力を要します。

結果は切符を手にすることはできませんでしたが、去年よりも飛距離が伸びていることや最後まで集中を切らさずにプレーすることができたようで、次の試合につながるラウンドとなったようです。

来年また挑戦ですね。

予選を通過した選手には本戦で大暴れしてほしいと思います。

Share

100切り報告 in タイ

生徒様より100切りの報告をいただきました。
嬉しいですね!

タイのゴルフ場で初の100切りです。

とても身長の高い方(187センチ)で既製品のクラブが合わず、幕張ゴルフスタジオにクラフトマンを呼んで、クラブのフィッティングから始めました。

身長が高いというのはとても恵まれているように感じますが、先にあげましたクラブの件も含め、色々と難しい部分が出てきます。

それだけに今回の目標達成の報告はとても安心しました。

タイからの方向でしたが、また次の目標に向けて頑張るということでした。
望むところです!

Share

金谷拓実選手から学ぶパッティングスタイル

今回は2019年のマスターズで大活躍をしました、金谷拓実選手からパッティング上達のヒントを学んでいきましょう。

パッティングで大切な3つルール

  • ストロークの支点(首の付け根:第七頸椎)を安定させること
  • 支点を安定させるためには下半身を固定する
  • フリップ(すくい打ち)しない

と簡単にまとめてみました。

金谷拓実選手のパッティングスタイル

  1. ハンドファースト強めのハンドファーストで手首を固定
  2. つま先を内側に向けることにより、下半身を固定

この2点です。

1で手首の使い方を抑制し、2でストローク中に下半身がぐらつくことを抑えて、ストロークの支点を安定させています。

まとめ

どうでしたか?

ストローク中に間違った動きになりやすい部分を、セットアップで予防しています。そうすることで、ストローク中は打ち方ではなく、距離感などに意識を集中することができるというわけです。

今回ご紹介していることはすぐに試すことや真似ることができます。

ストロークが安定しない、距離感が出ない方は試してみてください。

Share

パターとアプローチの距離感が合いません|教えて長谷川さん

距離感が合わない5つのポイント

  • スイングスピードが定まっていない。
  • 振り幅が合っていない。
  • ロフトが立ちすぎたり、寝すぎたりしている。
  • 芯で打てていない。
  • ラインやグリーンの硬さ、スピードが読めていない。

当てはまりそうなポイントはありますでしょうか。
わからない方はご自身のアプローチやパッティングを撮影して、客観的に観察してください。できれば練習ではなくコース(本番)を撮影する方が良いですね。
うまくいっていない方はこの5つのポイントのどれかに当てはまるはずです。

詳しくは動画をご視聴ください。
チャンネル登録もお願いします!!

Share

7i、56°、パターの3本だけで回りました

お便り

河川敷のコースで友人と色々と試しながらのラウンドでしたが、結果として今までのベストスコアを3つ更新して「91」となりました。
前半は、7i、56°、パターの3本だけで回りました。飛距離は相変わらず130yd程度ですが、ミスが大きくなかったので、何とかなりました。
後半からは、全てのクラブを使って回り、アウト7番までは風があったのでドライバーは低く転がして200ydで我慢。最後の2ホールは風がなくなったので、フルショットして250yd先に運べました。8番ではそこから、UTで転がしあげてパーオン。9番では、56°でピンデットを狙いピン奥3メートルにつけ、2パットでした。アプローチについては、グリーン奥と手前の距離を確認して、その間の距離ならOKと割り切ったら、自信を持ってスイングすることが出来ました。
いや〜、またゴルフが楽しくなってきました。引き続き、よろしくお願いします!

コメント

ベストスコア更新、おめでとうございます!
このようなご報告は私たちゴルフコーチにとっての糧となります!
嬉しいですね。

午前中は3本だけでラウンドするという荒行!?がこの生徒様をワンランク上のゴルファーに押し上げましたね。

そういう私も研修生時代は5アイアンとパターだけでラウンド練習をしたりしていました。

グリーン周りのバンカーなども5番アイアンで打つわけですから、通常のプレーに戻った時にはサンドウェッジのありがたさに感謝したものです。

それと、あと大切なのはコースマネジメント。
クラブ無いという制約の中で、どうやって少ない打数でプレーするかを考えなくてはいけません。

通常のプレーでも様々な制約があります。

  • 雨が降っていたり
  • 風が吹いていたり
  • 同伴競技者に困った方がいたり などなど

その制約の中がで一打でも少なくプレーするのがゴルフなんですね。

さて生徒様の話に戻すと。。。

一番飛ぶアイアンが7番アイアンなのですが、この1本のクラブで130ヤードだったり、110ヤードを打ち分けていたのだと思いまだけでプレーしたことによって力が抜けたのと、(1本のクラブで)コントロールする感性を磨くことができたのだと思います。

もう理屈じゃないですね。
工夫をして感性を磨くってことです。
レッスンではアドバイスしきれない部分ですが、とても大切なことです。

  • クラブを短く持ったり
  • フェースを開いたり、閉じたり
  • スイングスピードを速くしたり、遅くしたり

前半、工夫したラウンドをしたことによって、後半、ドライバーを持っても(いつもはマン振りしてるけど)コントロールして200ヤード、フルショットして250といったように、スイングを緩急をつけて上手にコントロールできたのだと思います。

素晴らしい発想のプレーでした。
引き続き、頑張ってください!

Share

パットラボを導入しました|幕張ゴルフスタジオ

幕張ゴルフスタジオにパットラボという機材を導入しました。
以下、ノビテック様の説明を引用します。

「パットラボ」(SAM PuttLab)は、超音波計測技術を使用した分析トレーニングシステムです。パッティングストロークにおける重要な28の診断項目と分かりやすいレポートを表示します。自分の長所・短所を知り、より効果的にトレーニングを行っていただけます。
PGAツアープロと共にScience&Motion Sports社の科学者が、高い性能と操作性を兼ね備えた「パットラボ」を全てのゴルファーのために開発しました。
これまでにUS PGAやR&Aをはじめ、35のPGAやゴルフ連盟が「パットラボ」を採用し、高い効果を上げています。

・パットラボの特徴

新しいタイプのパットトレーニング

ゴルフのショットの43%をパットが占めているにも関わらず、体系的なトレーニングが行われていません。神経科学的に言われているのは、「正確なフィードバックによって、
人は効果的に習得できる」という事実です。「パットラボ」は、最も効果的なトレーニングで、お客様に確かな成果をもたらします。

最も正確なトラッキング 
 
「パットラボ」は、世界で最も正確にパット分析を行い、トレーニングを行うシステムです。他の装置は、精度が低かったり、慣性センサーやスマートフォンのようにストロークの一面しか測定できなかったりします。
 
「パットラボ」の何が違うのか
 
●非常に精度が高い
●パットのあらゆる側面を完全に分析
●特別なトレーニングモード
●アマチュアにもPGAツアープレーヤーにも最適
●世界中の2,000以上のお客様が満足
●屋内外で使え、可搬性が高い

・パットラボ ユーザーの声
 
実際にこのシステムを使い始めてから、システムの革新性と重要性が分かりました。パッティングストローク中に実際何が起きているのか把握する事は、コーチする際、どのレベルのゴルファーに対しても役立つ、意義のあるアプローチ方法です。そして最終的には、プレーヤーにより良い成果をもたらす事につながるのです。 -キース・ウィリアムズ、PGA欧州ツアーコーチ
 
セント・アンドリュース・リンクス・ゴルフ・アカデミーとして、現代の最先端の地位にいれる事を誇りに思います。「パットラボ」は、ザ・ホーム・オブ・ゴルフに設置されており、コーチングシステムの重要な役割を果たしています。明確なフィードバック、具体的な成果、そして何より使っていて楽しい事が魅力です。-スティーブン・ノース、インストラクションディレクター、セント・アンドリュース・リンクス・ゴルフ・アカデミー

調子はいいがパッティングがうまくいかない日もあれば、調子は悪いがパッティングがうまくいく日もあります。そんな状況の時、コーチに分からない事も、このシステムが教えてくれます。-パドレイグ・ハリントン、プロゴルファー

南イタリアにトレーニングキャンプがありますが、そこでこのシステムは、プレーヤーたちに多く受け入れられています。完全に夢中になっている人もいるくらいです!-フェデリカ・ダッス、ッドコーチ、イタリア女性ゴルフ連盟

ドイツの科学者グループと教育の専門家によって判明した事は、イップスを治す唯一の方法は、まずストロークを打つ際、いつ、どのように、どのくらいイップスになっているのか把握する事です。パットラボは、これが分かります。パッティングやチップのストロークの完全なダイアグラムで分かるのです。-ハンク・ハニー、Golf Digest(2004年8月号)『ザ・サイエンス・オブ・キュアリング・イップス』

株式会社ノビテックHP

長くなりましたがこんな感じです。
準備を整えて、年明けぐらいにはサービスを開始する予定です。

Share

寒いせいか飛距離が落ちて焦ってます|質問箱

ご質問

練習場には、昨晩行ってきました。
冬(寒い)こともあるかと思いますが、飛距離が落ちているので、不安に感じて焦ってしまいます。(7iのキャリーが130yd)

回答

寒くなってくると

  • 筋肉が固くなる
  • 厚着によって動きにくくなる
  • ボール(ゴムでできているので)が反発しなくなる
  • 空気密度の変化により、空気抵抗が強くなる

の等の理由で、必ず飛距離は落ちます。

また、地面から打たなければならないアイアンショットは芝が薄くなるため、芯に当たりにくくなります。(距離が落ちます)

わかっていてもできないのがゴルフなのですが。。。

夏場の距離感が基準になってしまうと、りきみ等でスイングを壊してしまうケースに陥りやすいので注意が必要です。

飛距離の目安としては

気温が10度下がると、飛距離は5%落ちる

で計算してみてください。

焦らずやっていきましょう!

Share

芋洗坂係長さんとのラウンド

今日は某ゴルフコンペに参加してきました。
12月とは思えない暖かさで、風は少しありましたが絵に描いたようなゴルフ日和でした。

芸人の芋洗坂係長とのペアリング。

4ヶ月ぶりのラウンドでしたが。。。。

朝一は強烈なチーピンでダブルボギー。
なんだかんだで、上がってみれば奇跡のパープレー。

「練習しなくても良いスコアでプレーできるメソッド」が完成してきたみたいです www

本日、一緒にプレーをしてくださった皆様、また、コンペスタッフの皆様、ありがとうございました。

Share

ゴルフを上達したいなら意識レベルを把握すべし

私たちゴルフコーチが意識しなければならないことは、生徒の意識レベルを常に把握し、生徒自身にも認識させること。
また、生徒自身のためにもゴルフ レッスンは魔法ではないことを理解していただかなくてはならない。

生徒様の意識レベルはどこか?

知識レベル……………………ルール、道具の使い方、技術論

意識レベル……………………知識を利用して実際に意識して動く状態

下意識レベル…………………意識しなくても反射的に動く状態

ゴルフがうまくなりたい。または心からゴルフを楽しみたければ下意識(かいしき)レベルでスイ ングまたはプレーができなくてはならない。

巷のゴルフレッスンでは知識レベルまでの指導で 終わっているケースが多く見られが、生徒様をスムーズにかつスピーディーに下意識レベルまで引 き上げていかなくてはならない。

ここに上達のポイントがあるが、それには生徒ご自身の努力 も必要だ。

なぜならば、意識レベルから下意識レベルに移行するためには反復練習が必要だか らだ。

知識レベルまたは意識レベルで停滞してしまうとゴルフはつまらないものとなり、そのう ち挫折へと向かってしまう。まずは生徒自身にどの意識レベルにいるのか認識することから全ては始まる!

Share